賢いお金の借り方を直伝

70歳以上でもカードローンを使えるの?高齢者とお金の付き合い方

カードローンは誰でも利用できるものではなく、借入できるかどうかは条件次第となります。ここではカードローンの年齢制限に注目してみることにしましょう。特に高齢者の方はご注意くださいね。

どのカードローンにも年齢制限がありますが、年齢を重ねるごとにお金を借りにくくなることもカードローンの大きな特徴です。高齢者の方はご自身の年齢でカードローンを利用することが可能か、よく調べてから申し込みをしましょう。

年齢で言うと70歳以上の方はカードローンを利用することが難しくなります。70歳までなら契約可能な消費者金融もありますが、年金を含めた収入に安定性があることが条件となります。高齢者の方はぜひご参考にしてみてくださいね。

高齢者でもお金を借りられる?カードローンの年齢制限に注目

まずはカードローンの一般的な年齢制限について見ていきましょう。カードローンを利用することができる下限年齢は、満20歳が基本となっています。

満20歳以上がカードローンの利用対象、つまり未成年者は借入できないことになります。これは大手消費者金融にも銀行のカードローンにも共に当てはまるポイントです。

現在未成年者の方は、成人してからカードローンの申し込みをしましょう。では、高齢者の場合はどうでしょうか?このポイントに関しては、各業者ごと、各カードローンごとに差が見られるようになっています。

借りられるのは何歳から何歳?

カードローンの年齢上限に関しては、一般的には65歳〜69歳の範囲内と決められているケースがほとんどです。

  • 満20歳以上満69歳まで(アイフル)
  • 満20歳以上満69歳以下(プロミス)
  • 満20差以上満65歳以下(バンクイック)

上から大手消費者金融「アイフル」のキャッシングローン、SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」のフリーキャッシング、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の年齢制限になります。

消費者金融は満69歳まで、銀行カードローンは満65歳まで、といったように同じカードローンでも消費者金融と銀行とで年齢制限に差があることもポイントとなっています。

しかし、69歳までの方でも70歳になった時点でカードローンの利用が停止されるなど、年齢制限に関するルールは大変厳しくなっていることも特徴と言えるでしょう。

70歳以上は難しいかも…年齢を重ねるほど借りにくくなる傾向

カードローンは年齢を重ねるほど借りにくくなる傾向があるため、年齢制限の範囲内に当てはまる場合でも、条件次第では審査落ちという結果になりやすいのでご注意ください。

特に70歳以上となると、借入可能なカードローンはほぼ無いに等しいです。70歳を超えたらカードローンでお金を借りることは考えない方が安全ですね。

悪質な消費者金融では「高齢者でもすぐに借りられる!」など、高齢者をターゲットをしていることも多いので、どんなにお金が必要だったとしても、怪しいと思われる金融業者とは絶対に関わらないようにしましょう。

「レイクALSA」なら70歳までOK

しかし、消費者金融でも「レイクALSA」のカードローンなら70歳まで審査対象となっていますので、70歳の方ならお金を借りることができますよ。

年齢制限 融資額 貸付利率
満20歳〜70歳 1万円〜500万円 年4.5%〜年18.0%

以上はレイクALSAの貸付条件です。

レイクALSAの年齢制限は満20歳〜70歳と決められているため、先にご紹介したアイフルやプロミスよりも1歳だけ年齢上限が高いと言えます。

ただし、71歳になった時点で利用停止となりますので、ご注意くださいね。続いてはレイクALSAのカードローンに見られる高齢者に対するメリットについてご紹介していきたいと思います。

年金も収入として認められる?年金受給者でもお金を借りる方法

レイクALSAは消費者金融の中でも珍しく、年金受給者も対象になっているカードローンとなっています。

年金は収入として認められないケースが多いですが、レイクALSAでは年金も収入の範囲内となっているため、年金受給者の方もカードローンの契約をすることができるというわけです。

レイクALSAにカードローンの申し込みをする際には、収入証明書として年金受給を確認できる書類の提出が必須となっていますので、年金受給者の方はあらかじめチェックしておいてくださいね。

年金受給額を書類でチェック

年金受給者の方がレイクALSAに申し込みをする際には、次の書類のうちいずれかを準備した上で手続きを始めていきましょう。

  • 年金証書
  • 年金振込み通知書
  • 年金の源泉徴収票

年金に関する書類はすべて申し込み者本人のものでなければなりません。同じ年金をもらっている配偶者の書類などでは手続きできませんので、必ず自分のものを用意しておきましょう。

もちろん、年齢が70歳までで年金に関する書類があったとしても、絶対にカードローン審査に通過できるとは限りません。その点もよく理解した上で申し込みをしましょう。

絶対に無理はダメ!カードローンを使うなら必ず年金の範囲内で

カードローンには必ず年齢制限があり、高齢者になるほど借りにくくなる…ということについてお話ししてきました。70歳以上になるとカードローンの利用対象外になることが多く、そもそも契約ができないというケースも。

こちらでご紹介した「レイクALSA」では70歳までの方でもカードローンの契約が可能ですが、高齢者の方の場合は年金で返済をしていくことになります。カードローンの借入をするなら必ず年金で返せる範囲に抑えておき、無理はしないでくださいね。

閉じる
閉じる