賢いお金の借り方を直伝

保険証だけで契約できる?お金を借りるために必要な書類をチェック

キャッシングでお金を借りるためには、まず申し込みから始めるわけですが、申し込みの際には必要書類の提出も求められます。ここではキャッシングでお金を借りるために必要な様々な書類をチェックしていくことにしましょう。

キャッシングの申し込みで必要となる書類は大きく分けて2点あります。ひとつは「身分証明書」もうひとつは「収入証明書」です。あらかじめ準備した上でキャッシングの申し込み手続きを行っていきましょう。

また、身分証明書として利用できる「保険証」ですが、保険証を提出するだけでもキャッシングの契約は可能なのでしょうか?キャッシングの申し込みにおける保険証の使い方についても詳しく見ていきましょう。

身分証明書は絶対に必要!キャッシングでお金を借りる時の条件

まずはキャッシングでお金を借りるときに必要書類として提出する「身分証明書」からチェックしていきたいと思います。身分証明書として使えるのは以下の書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 保険証

基本的には顔写真付きのものが望ましいので、運転免許証またはパスポートを身分証明書として提出すれば問題ありません。車の免許を持っていない方は、パスポートを準備しておきましょう。

ただし、保険証の場合は顔写真が付いていないため、金融業者によっては保険証のみでは身分証明書として認められないケースもあります。ご注意ください。

保険証だけでも大丈夫?

「身分証明書を保険証しか持っていない…」という場合は、住民票など他に本人確認が可能な書類を併せて提出することで、身分証明を取ることができます。

保険証だけでも契約OKな金融業者もありますが、大手消費者金融では運転免許証またはパスポートの提出が必須で、保険証の場合は他にも追加で本人確認書類を提出しなければなりません。

住民票の他には、次のような書類を保険証にプラスして提出することが可能です。こちらもチェックしておきましょう。

  • 水道やガスなど公共料金の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書

要は保険証以外にも本人確認が取れる書類があればOKというわけです。申し込み時に保険証を提出する際には、保険証と併せて必ず2点以上の書類を準備しておいてくださいね。

保険証は「在籍確認」にも◎職場に電話をかける以外の方法

キャッシングの申し込み時に保険証を提出する際の注意点は以上になりますが、実はキャッシング契約における保険証の使い道は他にもあるんですよ。

キャッシングの審査では「在籍確認」というかたちでみなさんの職場に直接電話がかかってくることになりますが、保険証を利用して在籍確認を行っている業者もあるのです。

続いてはキャッシングの在籍確認で保険証を活用する方法についてご紹介していきましょう。

社会保険証or組合保険証が対象

通常、在籍確認は電話によって行われますが、保険証でも職場の情報を確認することができれば、キャッシングの審査に活用することができます。

ただし、在籍確認として保険証を提出する場合、保険証の種類が重要なポイントとなります。国民健康保険証は対象外なのであらかじめ注意しておきましょう。

在籍確認可能な保険証は以下の2点です。

  • 社会保険証
  • 組合保険証

これらの保険証であれば、みなさんの職場・勤務先の情報をチェックすることができます。保険証を通して在籍確認を取ることができるので、「職場に電話がかかってくるのは避けたい…」という方におすすめですよ。

キャッシングの利用限度額次第では「収入証明書」の提出も

保険証には身分証明書としての使い道、在籍確認書類としての使い道があることが分かりましたね。特に身分証明書はキャッシング申し込み時の本人確認として必須となっていますので、忘れずにご準備ください。

ちなみにキャッシングの申し込みをする際には「収入証明書」の提出が求められるケースもあります。提出の条件は利用限度額次第となる業者がほとんどですね。

  • 限度額が50万円以上の場合に提出
  • 限度額が100万円以上の場合に提出

などなど、限度額の設定額によっては収入証明書の提出も必須となります。限度額はキャッシング審査次第で決まりますから、少額融資を希望する方でもあらかじめ準備しておくと安心でしょう。

年収制限はあるの?

では、収入証明書として認められるのはどのような書類が挙げられるのでしょうか?収入状況を確認できる書類の例は以下のとおりです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 税額決定通知書

社員として勤務している方と個人事業主や自営業者の方とでは、収入証明書の種類も異なります。必ずご自身の収入状況を証明できる書類を準備しておきましょう。

大手消費者金融のキャッシングでは年収制限があるケースは稀ですが、定期的に安定した収入があることが条件です。申し込み前にご自身の収入状況をよく見直してみてくださいね。

利用者としての信頼性を高めるためにも◎保険証での本人確認

保険証は本人確認のために身分証明書として提出することで、キャッシングの申し込み手続きに役立てることができます。ただし、こちらでお話ししてきたように、保険証単体では正式な本人確認を取ることができませんので、その点はあらかじめご注意くださいね。

また、運転免許証やパスポートを持っている方でも、保険証を併せて提出するという方法を取ってもOKです。審査通過の確率が上がるというわけではありませんが、キャッシングの利用者としてより信頼性を高めるために、保険証も提示してみると良いでしょう。

閉じる
閉じる