賢いお金の借り方を直伝

専業主婦でもキャッシング可能?どうしてもお金を借りたい場合の適策

誰でも簡単にキャッシングでお金を借りられるわけではありません。キャッシングを利用するには審査が必須ですし、審査条件を満たしていなければならないからです。審査に通ることができない場合、キャッシングを利用することはできないのでご注意ください。

キャッシングを利用するための基本的な条件として挙げられるのは、「仕事や収入が安定していること」ですが、専業主婦の方の場合、この条件を満たすことができません。そのため、専業主婦はキャッシング審査の対象外となってしまいます。

けれども「どうしてもお金が必要!」という専業主婦の方もいらっしゃいますよね。そんなみなさんのために、ここでは専業主婦がどうしてもお金を借りたいときの適策についてご紹介していきたいと思います。

専業主婦では借りられない!キャッシングの審査対象外の理由

まずはキャッシングの審査条件から見ていきましょう。大手消費者金融におけるキャッシングを利用するための条件は以下のとおりです。

  • 年齢が満20歳以上
  • 仕事・収入が安定していること
  • 返済能力があること

年齢制限、仕事・収入の安定性、そしてキャッシングを利用するための返済能力が審査でチェックされます。

現在、仕事をして収入のある主婦の方であれば、キャッシングの利用対象にはなり得ます。もちろん、年齢制限をクリアしていることも条件です。

けれども、専業主婦の場合は仕事をしていない無職の状態ですし、収入を得ることもできていないということから、返済能力がないと判断されます。その結果、キャッシングの審査に通過することはできないというわけです。

このように、専業主婦のキャッシング利用がNGとなっているのは「返済能力がないから」ということが大きな理由となっています。専業主婦の方はまずこのポイントをチェックしておきましょう。

パートや派遣なら審査OK

仕事といっても、近年ではバイトやパートでお金を稼いでいる方も大手消費者金融のキャッシング審査の対象となっていますし、派遣社員や契約社員でも審査OKとしている業者がほとんどです。

主婦の方の中には、パートや派遣として働いている方も多いですよね。そのような場合でもキャッシングの審査対象ではあるので、まずは申し込みをしてみると良いでしょう。

ただし、専業主婦では申し込みをしても審査に落ちてしまいます。では、専業主婦がどうしてもお金を借りたい場合、どのような方法を取れば良いのでしょうか。

お金が必要な時は?夫にキャッシングをしてもらうという方法も

お金は必要だけど、専業主婦である自分はキャッシングの契約ができない…そんな時は夫にキャッシングの契約をしてもらうことをおすすめします。

専業主婦はキャッシングの利用対象外ですが、夫に安定した仕事と収入があれば、夫の名義でキャッシングを契約することができます。この方法を活用していきましょう。

  • 夫がキャッシングの申し込みをする
  • 夫の名義でキャッシングをする
  • 夫にお金を借りてもらう

こうした方法を取ることで、専業主婦の方も問題なくキャッシングでお金を借りることができます。

夫に内緒で借りたいのはなぜ?

そのためにはまずキャッシングを利用したいということを夫に話さなければなりませんが、キャッシングでお金を借りたいと考えている専業主婦の中には、「夫に内緒で借りたい!」と思っている方も多いかもしれませんね。

その気持ちも分かりますが、キャッシングというお金が関わるサービスを利用するにあたって、無職・無収入の状態である専業主婦の方がひとりの判断で契約することは危険です。

このような理由もあり、専業主婦はキャッシングの契約をすることができなくなっているのです。

また、夫に内緒でお金を借りなければならない理由についても、じっくり考えてみる必要があるでしょう。なぜ内緒でキャッシングを利用する必要があるのか、自分とよく向き合ってみてください。

銀行カードローンなら契約できる?契約には夫の収入が必須

以上でお話ししてきたように、消費者金融のキャッシングを利用する場合、専業主婦の方は契約することができませんので、夫に申し込みをしてもらい、夫の名義でキャッシングをする方法が適策です。

間違っても夫の名義で勝手にキャッシングの申し込みをするようなことはやめてくださいね。他人の名義で契約をすることは犯罪です。必ず夫本人に手続きをしてもらってください。

また、消費者金融のキャッシング以外の方法として銀行のカードローンも挙げられますが、この場合は自分の名義で専業主婦の方が契約をすることが可能です。

ただし、条件として「夫に安定した仕事と収入があること」が挙げられています。さらに夫の承諾を得ていなければ銀行カードローンの申し込みできない、というケースも。専業主婦の契約も認められているものの、個人の判断では契約することができないのです。

キャッシングは最終手段

このようなことから、消費者金融のキャッシングにしても、銀行のカードローンにしても、どちらにせよ「お金を借りること」について、夫に相談をする必要があると言えるでしょう。

そもそもお金を借りなければならないほどの状態になるのは、専業主婦であるみなさんひとりの問題ではありませんよね。そこには必ず夫も関係しているはずです。

キャッシングやカードローンといった金融サービスを利用したいのであれば、次のような流れを踏んで、安全にお金を借りることを考えていきましょう。

  • まずは夫に相談をする
  • 本当に借入するべきか話し合う
  • 最終手段としてキャッシングを活用する

お金についての問題は、まず夫に相談をして、家族で話し合うことが第一です。キャッシングもカードローンも最終的な手段として捉えてくださいね。

どうしてもキャッシングが必要な時は!適策を活用してみて

いかがでしたか?お金に困っている専業主婦の方も多いかと思いますが、こちらでお話ししてきたように、すぐキャッシングの利用を考えることはおすすめできませんし、そもそも専業主婦は審査対象外なので申し込みは不可です。

どうしても金融サービスを通してお金を借りなければならない時は、夫に相談をした上でお金を借りるべきか話し合っていきましょう。結果的にキャッシングをすることになった際には、こちらでご紹介した適策を活用してみてくださいね。

閉じる
閉じる