賢いお金の借り方を直伝

キャッシングに収入証明書は不要?大手消費者金融における収入条件

キャッシングでお金を借りる時に欠かせない「収入」ですが、大手消費者金融においてはキャッシングに年齢制限を設けている例が少なくなっています。とは言え、安定収入は必須事項であり、収入状況次第では審査落ちになることも。

キャッシング審査の際には「収入証明書」がチェックされるようになっていますが、収入証明書不要でお金を借りられるキャッシングもあるのでしょうか?

ここでは大手消費者金融における収入条件と題して、キャッシング申し込み時に提出する収入証明書について詳しくお話ししてきたいと思います。実際に大手消費者金融2社の例を挙げていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

借入希望額が基準に!「プロミス」に提出するべき収入証明書

まずご紹介するのはSMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのカードローン「プロミス」です。

プロミスではフリーキャッシングやレディースキャッシング、自営者カードローンなど様々なサービスによって借入ができるという特徴があります。まずはご自身に合ったサービスを選びましょう。

そんなプロミスでは、以下に当てはまる場合に収入証明書の提出が求められることになります。

  • 借入希望額が50万円超の場合
  • 借入希望額と他社借入額の合計が100万円超の場合

プロミスのカードローンで50万円以上の借入を希望している方の場合は、収入証明書の提出が必須となりますので、あらかじめ準備した上で申し込みをしましょう。また、他社で借入中の方も合計額が100万円超となる場合はご注意くださいね。

必ず最新の書類を準備して

では、実際に収入証明書として何を提出すれば良いのでしょうか?プロミス側が収入証明書と認めているのは以下の書類になります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書

上記のいずれか1点を収入証明書として申し込み時に提出してください。

源泉徴収票と確定申告書は最新のものを、給与明細書については直近2ヶ月分、賞与があれば1年分の賞与明細書も併せて提出しましょう。

以前に収入証明書を提出した人も注意!「アコム」のケース

続いてご紹介するのは、三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」の例です。アコムも様々なサービスが利用できる消費者金融ですが、収入証明書に関する条件はどのように決められているのでしょうか?

  • 利用限度額が50万円超の場合
  • 利用限度額と他社借入額の合計が100万円超の場合
  • 以前収入証明書を提出してから3年以上経っている場合

上記2点はプロミスのケースと同様ですが、アコムでは以前収入証明書を提出したことがある方でも、3年以上経過してしまっている場合は再度収入証明書の提出が求められます。

これからアコムに申し込みをする方も、現在アコムを利用中の方も、今一度収入証明書の提出が必要かどうかよくチェックしてみてくださいね。

所得証明書・税額通知書もOK

アコムで収入証明書として認められている書類は以下のとおりです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 税額決定通知書

源泉徴収票と確定申告書は最新のもの、給与明細書は直近1ヶ月のものを準備しておきましょう。

また、アコムでは所得証明書と税額決定通知書(市民税・県民税)も収入証明書として認められています。こちらも最新のものを準備した上で申し込み手続きをしてくださいね。

念のため準備しておくべき?収入証明書不要なキャッシング

以上、SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのカードローン「プロミス」と、三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」における収入条件について見てきました。

どちらの消費者金融を利用する場合も、借入額・限度額が50万円以下を希望している時は収入証明書不要ということになりますが、やはり念のためということで準備しておくと安心です。

万が一、キャッシングの申し込み時に収入証明書の提出を求められた場合にすぐに対応できるよう、本人確認を行うための「身分証明書」と併せて準備しておくと良いでしょう。

本人確認は「身分証明書」で

ちなみに身分証明書に関しては、借入額や限度額に関係なく、キャッシングを利用する以上、必ず提出しなければならないものと決められています。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

キャッシングにおける本人確認では、基本的に上記3点のいずれかを身分証明書として提出すればOKです。

ただし、健康保険証の場合は顔写真がないので、住民票や公共料金支払い時の領収書など、本人確認可能な書類が別途1点必要となります。あらかじめご注意くださいね。

「個人番号カード」でも大丈夫?番号が見えないよう工夫を

また、もうひとつ注意点としては「個人番号カード(マイナンバーカード)」を身分証明書として利用するケースです。この場合は個人番号が見えないよう塗りつぶすなどの工夫が必要となります。

収入証明書として提出する確定申告書や源泉徴収票などの場合も同様です。個人番号を記入してある欄がありますので、その部分だけしっかりと見えないように工夫をしてから提出するよう気をつけておきましょう。

閉じる
閉じる