賢いお金の借り方を直伝

年収の半分以上借りてもいいの?カードローンの借り過ぎによる失敗例

みなさんはカードローンでお金を借りる時に何を基準にして借入をしていますか?自分が借りたい金額を基準にしている方もいれば、年収を基準にしている方も多いかと思います。

実際はそのどちらも大事なポイントですが、年収を基準にした時に「年収の半分以上の金額を借りること」を目的としているなら、それはNG行為です。カードローンでお金を借りたことによって失敗する恐れがあるのでご注意ください。

ここではカードローンでお金を借り過ぎることによる失敗例と題して、年収の半分以上の金額を借りようとすることの危険性についてお話ししていきたいと思います。トラブルなくカードローンを活用するためにもしっかりチェックしておいてくださいね。

どんな問題がある?カードローンで年収の半分以上借りること

まずはカードローンで年収の半分以上借りることに対する問題点から見ていきましょう。

カードローンは審査によって決まる「限度額」の範囲内で借入ができるサービスですが、限度額は年収を基準に決められるものでもあります。

つまり、カードローンの限度額自体がみなさんの年収に対応した金額になっているので、そもそも利用者が無理な借入をできないようになっているというわけですね。

年収200万円で100万円を借りたら

けれども、審査次第では思いのほかたくさんのお金が借りられるような限度額設定になることもあります。また、カードローンは複数社で契約可能なので、2社以上利用すれば年収の半分以上の借入ができてしまうケースも。

だからと言ってカードローンで年収の半分以上の金額を借りようとするのは大変危険なことなので絶対にやめてください。後で困るのはみなさん自身です。

たとえば、年収が200万円の方がカードローンで100万円を借りたと仮定してみましょう。この場合、実際に返済することになるのは利息を含めた金額ですから、合計返済額は100万円よりもさらに高額になってしまいます。

  • 利息はいくらかかるのか?
  • 自分の年収で確実に返済できるか?
  • 生活面への負担はないか?

危険を避けるためにも、カードローンでお金を借りる時は以上のポイントについてしっかり考えてみてください。返済のことだけではなく、ご自身の生活面への負担も含めて、カードローンの使い方を改めてみましょう。

年収の3分の1以上は借りられない?消費者金融の「総量規制」

以上でお話ししてきたように、カードローンで年収の半分以上のお金を借りることはみなさん自身の負担になることですので、あらかじめ避けておくようにしましょう。

また、消費者金融のカードローンは「総量規制」の対象でもあります。総量規制とは、年収の3分の1以上の金額を借りることができない、というルールのことです。

年収の半分よりもさらに少ない年収の3分の1以上の金額がNGとなっていますので、消費者金融のカードローンを利用する際には十分気をつけておいてくださいね。

銀行は総量規制の対象外?

総量規制の対象になっているカードローンを利用する場合は、年収の3分の1以内に借入を抑えておくことが必要となります。ご自身の年収の3分の1にあたる金額はいくらなのか、しっかりチェックしておきましょう。

ちなみに銀行のカードローンは総量規制の対象外ではありますが、年収の3分の1以上、年収の半分以上の金額が借りられるとは限りません。借入可能となる金額は審査次第です。

「銀行のカードローンなら年収の半分の以上借りられる!」と期待している方には残念な話ではありますが、これもみなさんの安全のためと理解しておいてください。

消費者金融でも銀行でも、カードローン利用者が無理な借入をしないよう厳正な審査を行っています。反対に簡単に年収の半分以上のお金を借りることができてしまうような金融業者は危険な傾向があります。ご注意くださいね。

負担を増やさないように注意!カードローンの失敗を防ぐには

では、ここからはカードローンの失敗を防ぐための対策法について見ていきたいと思います。年収を基準にした失敗しないお金の借り方についてご紹介していきましょう。

失敗をしないためには、年収の半分以上、年収の3分の1以上の金額を借りないことはもちろんですが、お金を借りることばかりではなく、お金を返すことにも焦点を当ててみましょう。

まずはみなさん自身ができることとして、次のポイントに目を向けてみてください。

  • 返済に回せる年収はいくらまで?
  • 必要以上の返済負担はかからない?
  • どのくらいの期間で完済する予定?

年収の中で返済に回すことができる金額はいくらまでなのか、しっかりと決めておくことで生活面への負担がかかりにくくなります。ご自身の負担が増え過ぎないよう注意しておきましょう。

返済期間も計画的に

また、完済までの期間はどの程度を予定しているでしょうか?無計画にカードローンを使ってしまうと、完済までにどのくらいかかるのかも把握することができず、いつになっても返済が終わらない…という状況になることも。

計画的にカードローンの返済をしていくためにも、ご自身の年収を考慮した上で完済までの期間を細かく決めていくと良いでしょう。

この場合は年収というトータルの金額だけではなく、月々の収入、月々に返済可能な金額についてもよく考えておくことが大切ですよ。

使い方を誤ると失敗する恐れも…カードローンは上手に活用を

カードローンで年収の半分以上のお金を借りるという行為はとても危険なものですし、総量規制の関係もあり、消費者金融で借りられるのは年収の3分の1以下の金額と決められています。

こちらでお話ししてきたように、カードローンは使い方を誤ると失敗する恐れもあるサービスです。金融サービスとして上手に活用していけば問題ありませんが、お金を借り過ぎたり、計画的に返済できなかったり…といったトラブルには十分気をつけてくださいね。

閉じる
閉じる