賢いお金の借り方を直伝

お金を借りる最終手段!どうしてもお金が必要な時の対策

どうしてもお金が必要な時ってありますよね。そんな時みなさんならどうやってお金を捻出するでしょうか。まずは今あるお金でなんとかしてみるという方法を取る方もいれば、お金を借りるという方法を取る方もいらっしゃあるかと思います。

ここではお金に困った時どうすれば良いのか、様々な手段をご紹介していきたいと思います。自分でお金をやりくりする方法の他、周囲を頼るという方法もお金を借りる手段のひとつです。

また、お金を借りる最終手段として「カードローン」などの金融サービスを利用することもおすすめです。まずはご自身が必要な金額を基準として、今の自分がどのような方法を利用するべきかよく考えてみましょう。

まずは自分でなんとかする!今あるお金でやりくりする方法

お金が必要になった時、まずは「自分でなんとかしてみる」という方法を取る方も多いでしょう。今あるお金でやりくりする方法を取ることで、借金をすることもなく、お金と上手に付き合っていくことができます。

「今すぐお金が必要!」という場合でも、今あるお金でなんとかすることができないか、ご自身が今置かれている状況をよく判断してみましょう。

  • 普段の生活費を節約してみる
  • 給料の範囲内でやりくりする
  • 貯金を下ろして役立てる

「お金が必要だから今すぐお金を借りよう!」と判断する前に、まずは今のみなさんができることから始めてみてください。

借金より先に貯金に頼ってみて

その代表例としてまず挙げられるのが生活費の節約ですね。どの程度のお金を必要としているかにもよりますが、節約をしたり、給料の範囲内でなんとかなるような金額なら、お金を借りるという判断はちょっと待っておいた方が良いでしょう。

「どうしてもお金が必要!」という時は、お金を借りるよりも先に今ある給料や貯金に頼ってみてください。まずはあるものから活用することが重要なポイントです。

人によっては「貯金が減るのは嫌!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。けれども、お金を使えば少なくなるのは当たり前のこと。必要なことにお金を使いたいのであれば、借金よりも先に貯金を頼ることが大切ですよ。

周りの人にも頼ってみて!家族や友人にお金を相談をする方法

以上のように、まずは自分でなんとかしてみることから始めてみましょう。それでもお金が足りない…という方は、周囲の人に頼ってみることをおすすめします。

親や家族、友人などなど、周囲の人たちにお金について相談をしてみると良いでしょう。「お金を借りたい」とハッキリと伝えることもOKですが、まずは相談から…という方法も◎です。

  • お金に困っていることを話してみる
  • お金が必要だと正直に話す
  • お金を借りたいことをハッキリ伝える

今現在、ご自身がどれほどお金に困っているのか、どの程度のお金を必要としているのか、周囲の人たちに相談をしてみましょう。恥ずかしがらずに正直に話してみてください。

今まで周りに頼ったことがないけど…

相談をしてからお金を借りたいことを伝えても良いですし、真っ先にお金を貸してもらいたいとハッキリ伝えることも良いでしょう。家族や友人に頼る方法は、今まで周囲にお金のことを頼ったことがない人にこそ実践してみてほしい方法です。

今まで自分でなんとかしてきたけれど、今回ばかりはどうにもできない…という場合にこそ、身近な人を頼ってみてください。思った以上のサポートを得られることもあります。

もちろん、周囲の人を頼っても、必ずお金を借りられるとは限りません。断られてしまうケースもあるものです。それでも相談をしてみる、頼ってみるということが必要な時もあるんですね。

もし周囲にお金の相談をしても借りることができなかった場合は、最終手段として金融業者でお金を借りる、という方法を利用すると良いでしょう。

カードローンでお金を借りる!金融業者の利用は最終手段として

お金が足りない時、お金がもっと必要な時、すぐさま金融業者のカードローンやキャッシングといったサービスを利用する方も多いかと思いますが、こうした金融サービスは最終手段だと理解しておきましょう。

「もうどこにも頼ることがない!」となった場合に、最終的な手段として金融業者でお金を借りる、という方法を取ることがベストです。

やはり、身近な人からお金を借りることとカードローンを利用してお金を借りることには大きな違いがあります。

  • カードローンの契約には審査がある
  • カードローンは利息の支払いが必須
  • カードローンは返済日が決められている

カードローンは消費者金融や銀行などの金融サービス、要するに商品です。審査条件をクリアしなければなりませんし、利息や返済日など守るべきルールもたくさんあるのでご注意くださいね。

カードローンは自己責任

カードローンでお金を借りる方法は、審査に通過することがまず第一ですが、実際に借入をしたら返済をすることが義務となります。

自分なりに返済計画を立てることもカードローン利用者のマナーです。必ず自分に合った返済計画を考えてから、お金を借りるようにしましょう。

身近な人からお金を借りる場合に比べて、カードローンの借金は自己管理が必要となるものです。自分の責任で借入・返済をしなければなりませんので、その点もよく考慮した上で契約を決めてくださいね。

正しく利用すれば大丈夫!借金はルールとマナーを守って

必要なお金を準備するには、自分でなんとかお金を捻出してみる方法の他、周囲の人に頼ってお金を借りてみたり、カードローンを利用してみたり、様々な手段があります。

自分に合った方法、自分が希望する方法を手段として活用することがベストですが、こちらでもお話ししてきたように、すぐに金融業者での借入を検討するのではなく、先に身近な人に頼るということも忘れないでくださいね。

もちろん、カードローンも正しく利用すれば問題ありません。お金を借りる最終手段としてカードローンを利用する方は、ルールとマナーを守って安全に借入・返済をしていきましょう。

閉じる
閉じる