賢いお金の借り方を直伝

親にお金を借りる方法。身近な家族を頼るメリット・デメリット

消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードなど、賢くお金を借りる方法は数多くあります。けれども、場合によっては「金融業者は利用したくない…」という方もいらっしゃるかと思います。そんな時は一番身近な家族を頼ってみましょう。

カードローンやキャッシングなどで借りることに集中し過ぎると、ついつい忘れてしまうのが親や家族などの存在です。お金について悩むうちに、身近な人に相談しにくい…という状況になってしまうことも。

お金に困った時にカードローンを利用することももちろん良い方法ですが、できればその前に親や家族に相談をしてみましょう。ここでは親にお金を借りる方法として、身近な人に頼ることの大切さについてお話ししていきたいと思います。

お金を借りたい…どうすればいい?金融業者以外で借入するには

お金が必要になる理由は様々ですが、お金を借りる方法も様々です。人によってはお金を借りるのではなく自分でお金を作る=稼ぐ方法を選ぶこともあるものですが、やはり「今すぐお金が必要!」という時は、借入が最適かと思います。

お金を借りたい時におすすめなのが、カードローンやキャッシングといった借入を専門としたサービスです。けれども、金融サービスを利用するには必ず審査を受けなければなりません。

また、金融業者でお金を借りることによって、みなさんは借金をすることになります。本当にお金を借りるべきか、よく考えてから利用することも忘れてはならないポイントですね。

「できれば金融業者を利用するのは避けたい…」という方もいらっしゃるかと思います。そんな時は金融業者以外でお金を借りる方法について考えてみると良いでしょう。

身近な人にも頼ってみて

金融業者でお金を借りる以外の方法としては、次のような例が挙げられます。

  • 身近な人からお金を借りる
  • 国からお金を借りる

起業するなどまとまったお金が必要な時は、国からお金を借りる方法もおすすめですが、少額のお金を借りたい時は身近な人に頼ってみても良いでしょう。

その代表例として挙げられるのが、親にお金を借りる方法です。「親にお金を貸して欲しいなんて言いづらい…」という人にこそ、ぜひ実践してみてほしい方法ですね。

親にお金を借りる方法もおすすめ!まずは相談をすることから

既に親元から離れて生活している人、今まで親にお金のことで頼ったことがない人などは特に「親にお金を借りるなんて…」と思ってしまうかもしれませんが、まずは相談をしてみてください。

お金のことって実の親だからこそ相談しにくいところもありますが、思い切って話してみることで、援助を得られる可能性もあるものです。まずは行動が大切ですね。

親にお金の相談をする際には、次のようなポイントに気をつけてみると良いでしょう。

  • お金が必要な理由をハッキリ伝える
  • 必要な金額を決めてから相談をする
  • 返済についてもしっかり相談を

「ちょっとお金を貸して欲しいんだけど…」とハッキリしない態度ではなく、なぜお金が必要なのか?その理由を伝えることと共に、必要としている金額も伝えましょう。

こうしたハッキリとした態度を取ることで、本当にお金が必要だ!という気持ちが伝わるものです。曖昧な態度ではなく、意思を持って相談をするようにしてくださいね。

時には受け取ることも大切

また、返済についてですが、親御さんによっては「気にしなくてもいい」というケースもありますし、「借りた以上しっかり返済して欲しい」というケースもあるものです。

返済に関してもあらかじめ相談をすることが大切ですが、親からの希望として「返済してほしい」という場合は、やはりその希望に応える必要があるでしょう。

気にしなくても良いということなら、今はその好意をしっかりと受取ってください。時にはお返しなど関係なく受け取ることが必要な場合もありますからね。親の愛情をありがたく受け取りましょう。

もしお金を借りられなかったら?カードローン利用の検討も

以上でご紹介したのは、親にお金の相談をして無事に借りることができたケースですが、相談をした結果、お金を借りられなかった…ということもありますよね。

もし親にお金を借りることができなかった場合、どうしてもお金が必要なのであれば、消費者金融のカードローンを利用するなど他の方法を取ることも検討してみましょう。

  • 消費者金融で借りる
  • 銀行で借りる
  • キャッシング枠で借りる

消費者金融や銀行のカードローン以外にも、クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を借りる方法もあります。

近年では消費者金融も大手業者や中小業者など幅広いサービスが利用できますし、利用対象の条件にも変化があります。まずは審査条件を満たしているか確認してみると良いでしょう。

親にも断られてしまった、カードローンの審査にも落ちてしまった…という方は、今はお金を借りるタイミングではないのかもしれません。本当に必要なお金なのか改めてよく考えてみてくださいね。

お金の相談は親次第?ハッキリと伝えることが重要なポイントに

親にお金を借りる方法を成功させるには、やはり親次第というところがありますが、今のみなさんがどれほどお金を必要としているか、親に対してハッキリと伝えることも重要なポイントです。

親にお金の相談をする時は、お金を借りる目的や使い道、借りたい希望額を分かりやすくハッキリ話すことを心がけてみてくださいね。それでも借りられなかった場合は、カードローンの契約へと目標をシフトチェンジしてみましょう。

閉じる
閉じる