賢いお金の借り方を直伝

カードローンと住宅ローン同時に契約・借入することはできる?

急な出費や給料日までの繋ぎなど、少額の借入にもおすすめなのが「カードローン」ですが、果たして「住宅ローン」と同時に契約し、借入をすることはできるものなのでしょうか?

ここではカードローンと住宅ローンを同時に利用したい方に向けて、お金との上手な付き合い方についてお話ししていきたいと思います。現在カードローンを利用中で住宅ローンの契約を考えている方は、ぜひご参考にしてみてくださいね。

住宅ローンはその名称どおり、住居を購入する時に利用するローンサービスですが、カードローンを利用していると住宅ローン審査に不利になる…といった話もあります。この噂の真意についても見ていきましょう。

カードローン利用中だと契約できない?住宅ローン審査への影響

まずはカードローンはどのようにして住宅ローン審査に影響してくるのか?といったポイントからお話ししていきたいと思います。

現在カードローンで借入をしている方の中には、住宅ローンの契約を考えているみなさんもいるかもしれませんが、カードローンを利用している場合、住宅ローンの審査に落ちるケースもあります。

というのも、住宅ローンの審査ではみなさんの収入はもちろん、借金状況もチェックされるからです。カードローンで借金をしていることが審査で分かれば、住宅ローンの契約にも悪影響を及ぼす可能性があるんですね。

借金があると審査に不利?

住宅ローンの審査条件は、やはりカードローンに比べるとより厳しくなります。収入が十分ではなかったり、借金問題などを抱えていたりするとなると、審査においては不利な状況になることも。

カードローンを利用中に住宅ローンの契約を検討するなら、まずは今ある借金問題をしっかり解決することを第一に考えていきましょう。

これは住宅ローンの契約をするケースだけではなく、自動車ローンやフリーローンといった他のサービス、新規のカードローン契約をする際にも同様に言えることでもあります。

カードローンでお金を借りているのであれば、住宅ローンの審査を受ける前に今抱えている借金を返済することから始めてみてください。

住宅ローンに申し込みをする前に!まずはカードローンの完済を

今すぐに住宅ローンの契約を…と考えている方もいるかと思いますが、カードローンの借金を抱えている以上、審査を受けても確実に通過できる可能性は低いです。むしろ審査に落ちる確率の方が高いでしょう。

そこでみなさんがまずやらなければならないことが、カードローンの借金を完済することです。ただ返済をするだけではなく、完済をして借金問題をスッキリさせていきましょう。

借金があるのとないのとでは、住宅ローンの審査結果も大幅に変わります。やはり借金がゼロである場合の方が審査では良い結果となりますので、まずは完済!ということを念頭に置いておきましょう。

「解約証明書」の発行も◎

また、カードローンを完済したらサービス自体を解約し、併せて「解約証明書」を発行してもらうこともおすすめです。

解約証明書とは、カードローンを解約したことを示すための証明書で、住宅ローンなどの高額契約をする際に役立てることができます。ローンの申し込み時に提出しましょう。

もちろん「解約証明書があれば住宅ローン審査には確実に通れる!」というわけではありません。ただし、解約証明書があることでカードローンの契約をしていないことを証明できますので、審査結果を良い方向に導くことはできますね。

  • カードローンを完済、解約する
  • 解約証明書を発行してもらう
  • 住宅ローンの契約へ

カードローンには「完済証明書」もありますが、カードローンは完済しただけでは解約となりません。「借金をしていない」という事実をより強めたいなら、解約手続きを終えたことを証明するためにも解約証明書の発行をした方が良いですね。

これなら借りられるかも?住宅ローン契約者向けのカードローン

以上、これから住宅ローンを契約したいカードローン利用者の方に向けてお話ししてきましたが、現在住宅ローンを利用中の方の中にも「カードローンでお金を借りたい!」という方もいるかもしれませんね。

その場合は「住宅ローン契約者向けのカードローン」を検討してみてはいかがでしょうか?実は住宅ローンを扱っている銀行などでは、住宅ローン契約者のためのカードローンもあるんですよ。

住宅ローンの返済中は、何かとお金の悩みも増えがちですよね。そんなみなさんにおすすめなのが、住宅ローンを契約している方に向けたカードローンなんです。

金利引き下げのメリットも

住宅ローン契約者向けのカードローンに見られる特徴としては、主に次のようなポイントが挙げられます。

  • カードローン金利が優遇される
  • 通常のカードローン契約よりも手続きがスムーズ
  • 住宅ローンを完済後はカードローンも解約

住宅ローンを契約していない方の場合は通常金利でも、住宅ローン契約者の場合は金利が引き下げになるなどのメリットが期待できます。

既に住宅ローンを契約していることで、通常のカードローン契約時よりも手続きがスムーズに進めることができますが、住宅ローンを完済したらカードローンも解約、といったケースも。あらかじめご注意ください。

また、そもそも住宅ローン契約者に向けられたカードローンサービスがない場合もあります。まずは契約中の銀行や信用金庫に相談してみてください。

状況次第で併用することもできる!カードローンと住宅ローン

いかがでしたか?カードローンは住宅ローンと同時に利用することはできないか?というとそうではなくて、住宅ローン利用中の方の場合は専用のカードローンを契約することも可能です。状況次第では併用できるのです。

ただし、現在カードローンを利用している方で住宅ローンの契約を考えている場合は、カードローンを完済することがまず第一だということを忘れないようにしましょう。無事に審査に通過することができるよう、借金問題をしっかり解決してからローン審査を受けてくださいね。

閉じる
閉じる