賢いお金の借り方を直伝

「フリーローン」の上手な活用法。カードローンとは何が違うの?

お金を借りる目的で利用できる金融サービスとしては、「カードローン」が代表的です。消費者金融や銀行などで利用できるカードローンですが、同じような特徴を持つローンのひとつに「フリーローン」というサービスもあります。

フリーローンとはどのような特徴があるローンなのでしょうか?また、カードローンと比べてどのような点に違いがあるのでしょうか?ここではカードローンとフリーローンのおすすめポイントについてご紹介していきたいと思います。

せっかくローンを利用するなら、上手に活用していきたいですよね。フリーローンで賢く借り入れをするなら、まずはご自身のお金の使い道に注目してみましょう。

お金の使い道に注目!カードローンとフリーローンの違いとは

カードローンは基本的に「使い道が自由」とされることが多いですが、主な使い道としては次のような目的のために利用することが適しています。

  • 急な出費が嵩んでしまった時
  • 生活費など今すぐお金が必要な時
  • 数千円〜数千円単位で借入をしたい時

急な出費が嵩んだ時、カードローンを利用することでその場の金銭的な問題を解決することができます。生活費や公共料金の支払い、冠婚葬祭時などが例として挙げられますね。

カードローンはまとまったお金はもちろん、数千円〜数万円単位でも借入することができるため、ごく少額の融資を受けたい方におすすめのサービスでもあります。

急にお金が必要になった時、ちょっとお金が足りないときにも役立てやすいのがカードローンの大きなメリットと言えるでしょう。

銀行で利用できるフリーローン

では、フリーローンの場合、カードローンとどのようなポイントに違いがあるのでしょうか?どちらもお金を借りることができるサービスではありますが、主な違いとしては次のようなポイントが挙げられます。

  • 基本は銀行のサービス
  • カード形式ではないことが多い
  • 金利は低めに設定されている

カードローンに関しては、消費者金融でも銀行でも利用可能ですが、フリーローンについては主に銀行で利用できるサービスになります。

また、カードローンのようにカードを使ってATMで借入ができるというカード形式の融資ではないことも多く、急な出費には対応しにくいところも。

ただし、カードローンに比べると銀行のフリーローンは金利が低めに設定されていることから、お金を借りる上ではお得になる可能性もありますね。続いては、このフリーローンを存分に活用する方法をご紹介していきましょう。

まとまった借入におすすめ!フリーローンを存分に活用するには

カードローンは少額の融資におすすめとお話ししてきましたが、フリーローンの場合はどちらかというとまとまった借入に適したサービスと言えるでしょう。

フリーローンとは、カード形式での融資ではなく、審査によって決まった融資額を一気に借りることができるサービスのため、既にお金を借りる目的がハッキリ決まっている方におすすめです。

たとえば、次のような目的のためにフリーローンでお金を借りることで、ローンとしてのメリットを存分に活用することができるでしょう。

  • 引越しやリフォームの資金に
  • 家電や家具の購入費用として
  • 挙式、披露宴、お葬式の資金に

リフォーム資金や結婚資金などについては、専用の「リフォームローン」や「ブライダルローン」もありますが、フリーローンで融資を受けてもOKです。その他、まとまったお金を借りたい時は、ぜひフリーローンを活用してみてくださいね。

事業資金の融資はNG

フリーローンもカードローンと同じく、基本的に使い道は自由なのですが、ひとつ注意しておいてほしいポイントがあります。それは「事業資金には使えない」ということです。

事業資金を借りるためにフリーローンを使うことはできません。カードローンも同じく、事業資金の融資はNGとしていることがほとんどです。

もし事業資金を借りたいのであれば、「ビジネスローン」などの専用のサービスを契約してみてください。近年では事業資金向けのカードローンもありますから、目的に沿って使い分けてみると良いでしょう。

借り過ぎの危険性はない?必要な金額だけ融資を受けるように

以上でお話ししてきたように、フリーローンはまとまった借入に適したサービスになっていますので、「○○のためにお金を借りたい!」と目的が決まっている方は、カードローンよりもフリーローンの方がおすすめです。

フリーローンを利用することで高額を借りることになるケースもありますが、まとめて一気に融資を受けるため、カードローンのような無駄遣いをする危険性は低いでしょう。

もちろん、融資を受ける際に必要以上に借りることは避けなければなりませんが、事あるごとにお金を借りるような使い方はできないので、しっかりと目的意識を持っていれば問題ありません。

問題はローンの使い方!

これはフリーローンに限らず、カードローンにも当てはまることでもあります。

カードローンは限度額の範囲内で繰り返し利用できるサービスですが、目的意識を持って計画的に借入・返済していれば、危険な使い方にはなりません。

フリーローンは安全でカードローンは危険、というわけではなく、問題はみなさん自身の使い方にあるのです。

  • お金を借りる前に返済計画を
  • 無理な借入をしない
  • 本当に必要なお金かよく考える

返済計画を立てることが必須なのは、カードローンもフリーローンも変わりありません。無理な借入をせず、本当に必要なお金かどうかよく考えた上で融資を受けるようにご注意くださいね。

自分に合ったローンを選ぶ!消費者金融や銀行の比較も忘れずに

カードローンとフリーローン、今のみなさんに合うのはどちらのローンでしたか?まずはご自身がお金を借りる目的から必要としているローンを選んでみてくださいね。

同じカードローンやフリーローンでも、サービスごとに違いがありますので、消費者金融や銀行の比較も忘れずに!みなさんにとってより良いローンであることはもちろん、安心・安全に利用できるローンを選んでみると良いでしょう。

閉じる
閉じる