賢いお金の借り方を直伝

カードローンで借りるお金はいくらまで?自分にとって適切な金額を

消費者金融などで契約できるカードローンは、お金を借りるためのサービスです。いくらまで借りられるかどうかは審査によって決まりますが、それはあくまでも「限度額」というかたちであり、安全に借入をするためには自分自身でも考えていかなければなりません。

ここではカードローンでお金を借りるときに自分にとって適切な金額を借りる重要性についてお話ししていきたいと思います。これからカードローン利用を検討している方も、現在カードローンを利用中の方もしっかりチェックしておいてくださいね。

カードローンは便利なサービスですが、使い方を誤るとトラブルが起きる危険性もあります。お金と上手に付き合っていくためにも、カードローンで借りるお金は適切な金額に止めておきましょう。

お金を借りたい!カードローンの借入は限度額の範囲内で

まずはカードローンの「限度額」について見ていきましょう。限度額は大きく分けて2通りの意味があります。

  • カードローン業者の限度額
  • 利用者それぞれの限度額

カードローン業者自体の限度額とは、最大で500万円や最大で800万円までといったような各業者のカードローンで借入可能な上限のことを指しています。

利用者それぞれの限度額については、カードローン審査によって決まります。たとえば上限が500万円までのカードローンなら、500万円以内で利用者ごとに限度額が設定されます。

利用者によって限度額は大きく異なるので、50万円までの範囲となることもあれば、200万円までの上限が設定されることもあるなど、状況によって様々です。

ギリギリまで借りないように

実際にカードローンでお金を借りる場合は、個人に設定された限度額の範囲で必要な金額を借りるようにしてください。

ただし、カードローンの限度額ギリギリまでお金を借りることはおすすめできません。返済トラブルが起きる恐れが高まるからです。

たとえば、カードローンの限度額が50万円までの上限に設定されている場合、50万円ギリギリまで借りるのではなく、より抑えた借入をすることが大切です。

続いてはカードローンで借りても良い金額と借りるべき金額の違いについてお話ししてきましょう。

いくらまでなら大丈夫?借りても良い金額と借りるべき金額

カードローンで借りても良い金額とは、以上でご紹介してきた利用者それぞれに設定される限度額のことです。限度額は業者側から「借りても良い」と認められている金額なので、限度額の範囲内であれば自由に借入ができます。

けれども、先ほどもお話ししたように、限度額のギリギリまで借りるとトラブルの恐れがあります。そこで必要となるのが「借りるべき金額を自分自身で決めること」なんですね。

限度額という借りても良い金額の範囲が決められているという前提で、さらに「自分にとって適切な金額はいくらなのか?」と、実際にカードローンを利用する前によく考えてみるようにしましょう。

借りるべき金額は少し抑えめに

たとえば、カードローンの限度額が50万円に設定された場合、50万円ギリギリまでお金を借りることを考えるのではなく、約30万円〜40万円までが上限として捉えてみましょう。

実際のカードローン限度額は50万円ですが、これはあくまでも借りても良い金額です。借りるべき金額を決めるときは、より抑えめにしておくことが重要なポイントですよ。

カードローンで借りるべき適切な金額を決める際には、次のようなポイントも含めて考えてみましょう。

  • 自分の収入状況
  • 生活をするために必要なお金
  • 返済にまわすことができるお金

まずはご自身の収入状況を基本として、本当に借りるべき金額について考えてみてください。安全な借入のためには、収入の範囲で返済可能であることが大前提となります。

返済のことも考えて!いくらまでなら確実に返せるか?が重要

また、みなさんにとって生活をするために必要なお金はどのくらいの金額になるでしょうか?そして返済にまわすことができる金額はいくらまででしょうか?

カードローンで借りたら借りただけ返済をしなければなりませんし、返済額は自分の収入から捻出しなければなりません。ご自身の生活面や確実に返済可能な金額についてもよく考えておきましょう。

お金と上手に付き合っていくコツとしては、返済時から逆算してカードローンでお金を借りることが大きなポイントとなっています。借入をする前に、返済時の状況をしっかりイメージしてみましょう。

  • 確実に返済可能なお金はいくらまで?
  • 完済までどのくらいの期間がかかる?
  • 利息はいくらかかる?

みなさん自身が「確実に返済できる!」と自信を持って言える金額が、カードローンで借りるべき適切な金額と言えるでしょう。

「返済計画」は利用者のマナー

その他、完済までの期間やカードローン利息についても考えておくことで、より安全に返済を進めていくことができますよ。

カードローンを利用する前に「返済計画」を立てておくことがマナーとされていますが、以上でお話ししてきたことがそのまま返済計画に繋がります。ぜひ自分に合った返済計画を立ててみてくださいね。

もし「返済計画の立て方が分からない…」という方は、利用中の消費者金融業者に相談をしてみると良いでしょう。コールサービスや店頭の窓口などを通して、返済計画に関する疑問点を解決してみましょう。

自分にとって必要な金額はいくら?トラブルなく借りるコツ

いかがでしたか?カードローンでいくらまでお金を借りることができるのか?は、かなり気になるポイントかと思いますが、やはりご自身にとって無理のない範囲での借入が基本となります。

「いくらまで借りられるか?」ということはもちろんですが、「自分にとって本当に必要な金額はいくらか?」を考えておくことで、トラブルなくカードローンを活用していくことができるでしょう。

閉じる
閉じる