賢いお金の借り方を直伝

返済期間が長期的になるデメリット。できるだけ早く返すことがベスト

カードローンで借りたお金、みなさんはどのくらいの期間をかけて返済をしようと考えていますか?こうした「返済期間」について考えることは、カードローンの返済計画へと繋がりますので、お金を借りる前にまず確認しておきたいポイントです。

また、カードローンを安全に利用するためにも、お金を借りたらできるだけ早く返すこともおすすめします。というのも、返済期間が長期的に渡ることによってデメリットも生じてしまうからなんですね。

では、返済が期間が長期的になると具体的にどのような悪影響が表れてしまうのでしょうか?ここではカードローンを早めに完済することのメリットと返済期間が長期的になることのデメリットについてお話ししていきましょう。

お金を借りたら返すのがルール!必ず返済のことを考えた借入を

まずはカードローンの基本ルールである「お金を借りたら必ず返すこと」について見ていきたいと思います。カードローンでお金を借りた以上、返済は必須条件です。

これからカードローンを利用する方は、まず返済のことを考えた上でお金を借りるようにしてください。返済時のことを無視して借入をするのはNGです。

カードローンでお金を借りるときは次の流れを重視しておきましょう。

  • 返済計画を立てる
  • カードローンで借入をする
  • 計画に沿って返済をする

どのくらいの返済期間で完済をするか?毎月いくらずつ返済をしていくか?など、返済計画を立ててから借入をすることでトラブルを防ぐことができます。

返済期間が長くなるとどうなる?カードローン利息に注意して

こうして計画的にカードローンを利用することによって、無事に完済を目指すことができるようになるわけですが、返済計画を立てた結果、返済期間がどうにも長期的になってしまう…ということもありますよね。

結果的にカードローンの返済期間が長くなってしまうのは仕方がありません。しかし、返済期間が長引くことによるデメリットもあるので注意しておきましょう。

カードローン返済はご自身にとって無理のない範囲で行うことが大切ですが、あまりにも完済まで時間がかかると、利息の負担が大きくなってしまうのです。

カードローン利息は思った以上にかかってしまうもの。賢くお金を借りるためにも、利息はできるだけ抑えることが望ましいです。そのためにもカードローンの返済期間は長引かないよう気をつけておきたいですね。

長期的な返済は利息の増加に

カードローンの返済時に支払う利息には、次の要素が関係しています。

  • カードローンの金利
  • カードローンの借入額
  • 完済するまでにかかる期間

一般的に低金利のカードローンで少ない金額を借りて短期間で完済をすれば、利息はそれほど増えずに済みます。

けれども、高金利のカードローンでたくさんお金を借りて返済期間が長期的となると、利息は大幅に増えてしまうのです。その結果、金銭的な負担も増えてしまうというわけですね。

たとえ低金利のカードローンで少額融資を受けたとしても、返済期間が長引けばそれだけ利息は嵩みます。返済期間が必要以上に長くならないようご注意くださいね。

完済はできるだけ早く!注目すべきはカードローンの借入額

以上でお話ししてきたように、カードローンでお金を借りるならまずは返済について考えておくこと、そして利息の負担を抑えるために返済期間は長期的にならないようにすること、これが正しくお金を返すための重要なポイントとなります。

安全にカードローンを使うためにも、完済はできるだけ早く!を心がけておきましょう。そこで注目しておきたいのがカードローンの借入額です。

できるだけ早めに完済をするために必要なのは、無理をして返済をすることではありません。そもそもなぜ返済期間が長引いてしまうことがあるのか?根本的な原因について考えてみましょう。

借入は確実に返せる範囲で

もしカードローンでお金を借り過ぎてしまった場合、不注意だったとしても借りた以上は返済しなければなりませんし、借り過ぎた分だけ利息もかかります。

このようなカードローンの間違った使い方は、そのまま返済時にも繋がり、大きなトラブルにも影響してきてしまうのです。だからこそ注目すべきは借入額!なんですね。

  • お金を借り過ぎない
  • 確実に返せる範囲で借りる
  • 無理のない返済計画を立てる
できるだけ早く完済をするなら、お金を借り過ぎていないこと、自分が確実に返済できる範囲で借入をしていることが大前提となります。その上で無理のないプランを立てて、計画的に返済をしていきましょう。

返済期間の短縮には一括返済もおすすめ!余裕がある時に活用を

早く完済を目指すのは大変…と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、以上でお話ししてきたように、お金を借りる範囲を大前提として考えておけば、返済に無理がかかることはありません。まずは必要な分だけを借りるよう注意しておきましょう。

また、返済期間を短縮するには、カードローンの「一括返済」を利用することもおすすめです。一度にまとめて完済ができるので、利息の負担も抑えることができますよ。

ただし、無理をして一括返済をする必要はありません。金銭的な余裕がある方に向けたサービスなので、絶対に一括返済を利用しなければならない、というわけではないのです。月々の返済を基本として、余裕があれば一括返済も活用してみてください。

閉じる
閉じる