賢いお金の借り方を直伝

キャッシングとカードローンに違いはあるの?お金を借りる基礎知識

お金を借りるために利用するサービスに「キャッシング」と「カードローン」があります。消費者金融や銀行などで利用できるサービスですが、キャッシングとカードローンにはどのような違いがあるものなのでしょうか?

ここではキャッシングとカードローンの違いについてご紹介していきたいと思います。これから借入を考えているみなさんは、まずそれぞれのサービスの違いをよく理解した上で自分に合った借入手段を見つけてみてくださいね。

キャッシングとカードローン、どちらを選べば良いか迷った時は、ぜひ「借入の目的」を重視してみてください。みなさんはどのような目的のためにお金を借りたいのでしょうか?

お金を借りるのが一度だけなら「キャッシング」がおすすめ

もし単発でお金を借りることが目的である場合は、カードローンよりもキャッシングを利用してみると良いでしょう。

  • お金を借りるのは今回のみ
  • 今後は借りる予定はない
  • 完済したらすぐに解約したい

たとえば「今すぐまとまった金額を借りたいけれど、今後借入をする予定はない」という方は、キャッシングで単発の借入をしてみてください。

キャッシングにおける融資は、基本的に一度だけです。何度も借入をするつもりはない、今回借入して完済したらそれでOKという方にはキャッシングがおすすめですよ。

キャッシングは必要な時に必要な金額を借りたい方が活用しやすいサービスと言えるでしょう。

完済したら契約終了!

お金を借りて完済したらそこで契約は終了、というのもキャッシングの特徴です。

キャッシングの申し込みをして、審査を受ける。無事に審査に通過したら融資を受けて、返済期日に返済をする。完済することができたらサービスの利用は終わりです。

もし「一度だけじゃなくて何度も借入をしたい!」「繰り返し借入ができると助かる」という場合は、キャッシングではなく次にご紹介するカードローンを利用してみてください。

繰り返し借りたい!限度額の範囲で利用可能な「カードローン」

カードローンはキャッシングとは違い、何度でも借入をすることができるサービスとなっています。これには「利用限度額」が大きく関係しています。

キャッシングでは必要なお金を一気に借りることになりますが、カードローンの場合は利用限度額の範囲から自分が必要なお金をその都度借りることが可能です。

  • 何度でも借入をしたい
  • いつでも借入できると助かる
  • いざという時に準備しておきたい

たとえば「50万円を一気に借りたい!それ以外の借入はしない」という方はキャッシングに向いていますが、「50万円の範囲内で借入をしたい!今後も繰り返し利用できると助かる」という方にはカードローンが向いていますね。

繰り返し使えるキャッシングもある?

ただし、金融業者によってはカードローンの特徴である限度額形式のサービスを「キャッシング」という名称で提供していることもありますので、まずは次の点を確認しておきましょう。

  • 利用限度額のチェック
  • 繰り返し利用することはできるか?
  • 完済してもまた借入できるか?

限度額の範囲内で繰り返し利用可能なサービスであれば、キャッシングという名称でもカードローン形式の融資を受けることが可能です。

また、カードローンは一度完済をしても契約が継続していればまた借入をすることができます。キャッシングは完済をしたら契約終了ですので、この点も違いとして覚えておきましょう。

キャッシングにもカードローンにもそれぞれ良さがありますので、サービスにおける特徴の違いを活かして使ってみると良いですね。

キャッシングとカードローンの違いを活かした使い方を心がけて

まずはキャッシングの特徴を活かした使い方ですが、やはりまとまった金額を一気に借りる、ハッキリと決まった目的のために借りる、ということがポイントになりますね。

  • 教育資金や資格取得の費用に
  • 家具や家電の購入費用に
  • 医療費や治療費に

車をローンで買うというケースは多いですが、キャッシングの使い方はそのような感覚ですね。借入の目的がハッキリと決まっている方は、キャッシングでまとめて借りてみると良いでしょう。

いざという時にも便利!

では、カードローンはどのような使い方をすればサービスの特徴を活かすことができるのでしょうか?

カードローンはキャッシングとは違い、何度でもお金を借りることができる、いざという時のために借入の準備をしておける、という特徴があります。そこに注目してみましょう。

  • 生活費が足りない時に
  • 公共料金の支払い時に
  • 冠婚葬祭時など急な出費に
  • 借入が必要になった時に備えて

カードローンは生活費や公共料金の支払い、冠婚葬祭時などの急な出費に対応することができるというメリットがあります。いざという時に備えて契約しておく、という使い方も良いでしょう。ただし、どんな時も計画的にお金を借りることを忘れないでくださいね。

迷った時は?借入の目的から自分に合ったサービス選びを

キャッシングとカードローンはどちらもお金を借りるためのサービスではありますが、みなさんがお金を借りる目的に合わせて使い分けることもできます。

まずはここでお話ししてきたように、キャッシングとカードローンそれぞれの特徴をよく理解しておきましょう。特徴と借入の目的を照らし合わせながら、自分に合ったサービスを探してみてくださいね。

閉じる
閉じる