賢いお金の借り方を直伝

用途によってはキャッシングできない、借入理由の申告は慎重に!

今すぐお金が必要なときに便利な「キャッシング」ですが、借入可能な使い道もあれば、禁止されている使い道もあります。まずはどのような目的のためにキャッシングを利用できるのかチェックしていきましょう。

キャッシング審査に通過できれば借入が認められることにはなるものの、借入の目的が業者側から禁止されている場合、審査に落ちてしまうことも考えられます。確実に審査に通るためにも重要なポイントなんですね。

また、キャッシングできないわけではないけれど、お金の借り過ぎや使い過ぎに十分注意しておきたい使い道もあります。キャッシングを利用する以上、金融業者から借金をしているという自覚をしっかり持つようにしましょう。

事業資金はキャッシングできない!プライベートの借入が基本

まず一般的な消費者金融で禁止されている使い道について見ていきましょう。消費者金融でキャッシングできない使い道として決められているのが「事業資金」です。

事業資金とは、個人事業主や自営業者の方などの事業に必要なお金のことです。大手消費者金融などでは、事業資金の借入は不可としているケースが多いですね。

キャッシングで借入可能とされているのは、プライベートの資金が基本となります。

  • 生活費や交際費
  • 教育費や養育費
  • 医療費や治療費

以上のような使い道であれば、消費者金融のキャッシングを通してお金を借りることが認められています。もちろん審査は必須なので、審査に通過することを第一に考えていきましょう。

事業資金向けのサービスもある?

ちなみに消費者金融でも事業資金のキャッシングが可能なケースもあります。それは個人事業主や自営業者を対象としているキャッシングサービスです。

個人事業主向け、自営業者向けのキャッシングサービスなら、プライベート資金はもちろん事業資金の借入も認められていますので、仕事のための借入にもおすすめです。

例として、SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのカードローン「プロミス」を挙げてみましょう。

プロミスでは、通常のキャッシングサービスである「フリーキャッシング」の他、自営業者向けの「自営者カードローン」というサービスを利用することもできます。

これなら事業資金もプライベート資金も借入できますので、自営業者の方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

他社返済のためのキャッシングはアリ?禁止されているケースも

続いては、他社への返済を目的としたキャッシングの使い道について見ていきましょう。現在、既に他社で借入をしていて返済中である場合、返済に困ってしまうケースもありますよね。

「返済に困っているから、また他のキャッシングでお金を借りて、そのお金で返済しよう!」と考えている方もいるかもしれませんが、この使い方は危険です。

返済のためにお金を借りるという行動を繰り返しても、借金は減るどころか増えていってしまいます。消費者金融によっては他社返済のための借入を禁止しているケースもありますので、あらかじめご注意ください。

複数同時借入の危険性

仮に他社返済のために新たにキャッシングを契約するとなると、2社、3社と複数のキャッシングを同時に利用することになりますね。

こうしたキャッシングの使い方はできないことはありませんが、決しておすすめできるものではありません。複数社のキャッシングはトラブルの危険が伴うからです。

  • 返済ができなくなる恐れ
  • 多重債務に陥ることも
  • 今後のキャッシングにも影響

キャッシング利用中にトラブルが起きると、今後のキャッシング利用にも影響が表れてきます。二度とキャッシングできない状況にもなりかねませんので、安全な借入・返済を心がけてくださいね。

娯楽費は借りられるの?お金の借り過ぎ・使い過ぎに注意を

安全にキャッシングを利用するためには、たとえ使い道がきちんと認められている場合も注意が必要となります。ここでは「娯楽費」を例に挙げてみましょう。

生活費や交際費などの目的のためにお金を借りられるキャッシングですが、娯楽費のためにキャッシングをすることももちろん可能です。

  • 旅行資金として
  • 趣味の費用として
  • 高額の買い物をしたい時に

基本的に使い道が自由となっているキャッシングでは、みなさんの好きな目的のためにお金を借りることができます。ただし、娯楽費を借りる時はお金の借り過ぎや使い過ぎに十分注意しておきましょう。

本当に必要なお金を見極めて

娯楽のためにキャッシングでお金を借りるとなると、より計画性が必要となります。いくら自由に使えるからとは言え、無計画に借りたいだけ借りるという行為はNGです。

娯楽費を借りる時は、本当に必要なお金かどうかをよく見極めることが大切です。無駄遣いをしないよう、使い道をしっかり決めてからお金を借りるようにしてくださいね。

  • そのお金は本当に必要?
  • 無駄遣いにならない?
  • 絶対に返済できる?

以上のポイントを自分自身に問いかけてみましょう。必要ではないお金、無駄遣いになりそうな借り方、返済が不安があるような場合は、キャッシングの使い方から考え直してみる必要があるかもしれませんね。

借りるのはいつも必要なお金だけ!返済計画もしっかり立てて

いかがでしたか?キャッシングできる場合もあれば、キャッシングできない場合もある。これが消費者金融の特徴です。審査結果によってキャッシング不可となることはもちろん、無事審査に通過しても禁止されている目的のためにお金を借りることはできません。

まずはみなさんが利用を考えているキャッシングで認められている使い道をチェックしておきましょう。その上でしっかりと返済計画を立て、いつも必要なお金だけを借りるようにしてくださいね。

閉じる
閉じる