賢いお金の借り方を直伝

複数のカードローンを同時に利用。複数借入の危険性

現在カードローンを利用しているみなさんの中には、特定の1社のみで借入をしている方もいれば、複数のカードローンを利用して借入をしている方もいますよね。

確かにカードローンは同時に契約することができるサービスなので、複数の消費者金融でカードローンを利用していても問題はありません。「総量規制」の問題で複数社の契約ができないこともありますが、総量規制の範囲内なら借入は可能です。

しかし、初心者の方が複数のカードローンを利用する場合、やはり危険が伴います。もちろん借入に慣れている方も、安全のためには避けた方が無難ですね。ここでは複数のカードローンを同時に利用することの危険性についてお話ししていきましょう。

カードローンは同時契約できるの?総量規制の範囲内ならOK

大手消費者金融のカードローンを例に見ていきましょう。日本で利用できる様々な大手消費者金融では、複数社同時に契約をすることが認められています。

たとえば、アコムのカードローンとアイフルのカードローンを同時に利用することもできる、というわけです。複数社で契約をすることに問題はありません。

けれども、消費者金融のカードローンは「総量規制」の対象になっています。まずはこの総量規制についてチェックしてみましょう。

「総量規制」の基本的なルール

  • 年収の3分の1以上の借入は不可
  • 消費者金融は総量規制の対象
  • 銀行のカードローンは対象外

先ほど例に挙げたアコムやアイフルのカードローンも総量規制の対象です。つまりどちらか一方の借入額、または2社併せた借入額が年収の3分の1を超えている場合、これ以上お金を借りることはできません。これが総量規制のルールです。

複数契約が必要なのはどうして?

カードローンで借りているお金が総量規制の範囲内に抑えられていれば、複数社利用していても問題はありません。ただし、この場合はまた他の問題点が影響してきます。

そもそも「なぜ複数社のカードローンを同時に利用する必要があるのか?」という問題です。利用者の方によっては、1社のみで十分ということもありますからね。

カードローンは利用限度額の範囲内で借入ができるサービスなので、自分の限度額を使い切ってしまったら、それ以上の借入はできません。

そこで「もっと借りたい!」となった場合に複数社の契約を決めることが多いかと思いますが、実際に契約をする前に一旦立ち止まって考え直してみましょう。

初心者には危険!複数のカードローンで借りることは避けて

複数のカードローンを契約することによって、利用可能となる限度額は増えます。しかし、複数のカードローンでお金を借りるということは、それだけ借金の負担が増えるということもでもあります。

たとえばA社で5万、B社で5万、C社で5万と、1社ごとの借金額はそれほど多くはなくても、3社合計すれば15万円の借金となります。さらに各社ごとに利息もかかります。

返済も各カードローンごとに支払っていかなければならないので、返済日を忘れたり間違えたりするケースも増えます。返済の負担が大きくなって、完済できなくなることも、

複数のカードローンで同時に借りたお金を返済していくには、余程の計画性と自己管理がなっていなければ完済することは難しいのです。なので、初心者の方は避けておいた方が無難というわけです。

契約は1社に絞ることが大切

「複数のカードローンで契約しても、少しずつ借りているだけだから返済は余裕!」という甘い考えで複数社で同時に借金をしてしまう方もいるかもしれませんが、こうした行為は大きなトラブルにも繋がります。

  • 計画的に返済ができなくなる
  • 利息だけで手一杯の状態に
  • 自己破産という最悪のケースにも

複数のカードローンで同時にお金を借りていると、まず計画的に返済することが難しくなります。利息も思った以上に増えてしまい、「もう手に負えない!」となることも珍しくありません。

最悪の場合は自己破産に陥るなど、カードローンを利用したことをきっかけに人生が大きく変わってしまう人もいるものです。そんな状態にはなりたくないですよね。

カードローンは安全に利用することが一番なので、無理な借入は絶対にしないことです。複数社の契約はできる限り避けて、契約するカードローンは1社に絞り、そのカードローンで借入・返済を完結するようにしてください。

もっと借りたい時はどうすればいい?限度額の増額がおすすめ

それでも「やっぱりもっとお金を借りたい!」という場合は、カードローンの限度額を「増額」してみてはいかがでしょうか?

増額とは、今契約しているカードローンの限度額を増やすことができるサービスです。限度額を増額できれば、わざわざ複数のカードローンで同時に借りる必要もありませんよね。

日本で利用できる大手消費者金融では、増額サービスを利用できる業者がほとんどです。まずは現在みなさんが利用中のカードローンの限度額を増やすことができないか、相談をしてみると良いでしょう。

増額を選んだ方が安全!

もちろん「カードローンの限度額を増やしたい!」と言っても、すぐに増やせるわけではなく、増額をするにも審査があります。

  • 増額できるかは審査次第
  • 条件を満たしていることが必要
  • 審査に落ちたら増額はNG

カードローンの契約をする時と同じように、限度額を増やす時にも審査がありますし、条件を満たしていなければ審査に落ちてしまいます。この点には注意が必要ですが、複数のカードローンで同時に借りるよりは増額を選んだ方が安全でしょう。

今よりももっとお金を借りたい時は、他社のカードローンに申し込みをする前に、利用中のカードローン限度額の増額を申し込みしてみてくださいね。

たくさんのお金が必要な理由は何?根本的な問題の見直しも

以上でお話ししてきたように、複数のカードローンを同時に契約してお金を借りることは可能ではありますが、安全面から考えると決しておすすめできる行為ではありません。どうしても限度額に余裕がほしいなら、複数契約よりも増額を選びましょう。

また、そもそも「どうしてそんなにたくさんのお金が必要なのか?」という根本的な問題から見直してみる必要もありますね。複数のカードローンを契約しなければならない程の目的は何なのか、自分がお金を借りる理由についてよく考えてから行動に移しましょう。

閉じる
閉じる