賢いお金の借り方を直伝

カードローンの同時申込を控えるべき理由とは。審査失敗のケースも!

消費者金融ひとつを取っても様々なカードローンがあります。たくさんありすぎてどれを選べば良いか分からない…という方も多いのではないでしょうか?また、中にはカードローンの同時申込を考えている方もいらっしゃるかtもしれませんね。

カードローンは複数同時に利用することができるサービスなので、同時申込をすることも十分可能です。ただし、同時申込をした結果、どちらのカードローン審査にも通過できるとは限りませんんので、あらかじめ注意しておきましょう。

また、同時申込をしてカードローンでお金を借りた結果、金銭面で失敗してしまう恐れもあります。カードローンを使うなら、まずは安全を第一に考えることです。ここでは同時申込を控えるべき理由についてもお話ししていきましょう。

複数同時に借入できる?消費者金融のカードローン契約方法

まずはカードローンの契約方法に関する特徴から見ていきましょう。消費者金融のカードローンは、基本的に複数同時申込、同時借入が可能なサービスです。

たとえば、A社のカードローンを使いながらB社のカードローンも契約できるなど、ルールの範囲内に抑えられていれば、問題なく同時利用が可能となっています。

ここで言うルールとしては、次のような条件が挙げられます。

  • 限度額内の借入であること
  • 総量規制を超えていないこと
  • 返済日が守られていること

A社にはA社のカードローン限度額が、B社にはB社のカードローン限度額があります。それぞれの限度額の範囲で借入をして、返済日をしっかり守っていれば特に問題ありません。

けれども、限度額ギリギリまでお金を借りていたり、返済日が守られていなかったり、カードローンを利用する上でのルールとマナーに反している場合は問題視されます。

「総量規制」というルール

また、消費者金融のカードローンは「総量規制」の対象でもあります。

総量規制とは、年収の3分の1以上の金額を借りることはNGとされているルールのことです。消費者金融のカードローンを利用する際に守るべきルールとなっています。

もしA社で借りている金額とB社で借りている金額が併せて年収の3分の1以上を超えていた場合、総量規制超えとなり、これ以上の借入はできません。A社のみB社のみで総量規制を超えている場合も同様です。

このように複数のカードローンを同時に利用することはできますが、消費者金融においては総量規制の問題もあるため、2社以上で借入をする方は十分にご注意ください。

同時申込はやめておいた方がいい?1社のみの契約がおすすめ

以上でお話ししてきたように、カードローンの同時借入自体に問題はありませんが、同時借入をしたことがきっかけて起きるトラブルも少なくありません。

カードローン利用時にトラブルを起こさないようにするためにも、まずは同時借入以前の段階として、同時申込を控えておくというポイントに注意しておきましょう。

カードローンを2社以上同時に申込をする、もしくは現在利用中のカードローンに加えて他社のカードローンに申込をする、といった行為は、決して安全なものとは言えません。

むしろ危険が及ぶ可能性の方が高いので、カードローンを契約するなら1社のみに絞ることがおすすめです。

1社のみ!は自分の安全のため

近年、消費者金融のカードローンにおける限度額は、最大500万円という業者もあれば最大800万円という業者もあります。上限だけを見れば十分な金額が借りられるサービスになっているんですね。

ただし、実際にいくらまで借りられるかはカードローンの審査次第。審査の結果によっては10万円前後の限度額となることも珍しくありません。

思ったよりも限度額が少ない…となった場合、次のように考える方も多いですよね。

  • もっと限度額を増やしたい!
  • 他のカードローンも使いたい!
  • とにかくもっとお金が必要!

こうした考えから2社3社とカードローンの契約を増やしていってしまう人も少なくないのです。

しかし、こうしたカードローンの使い方は安全のためにもおすすめできるものではありません。安全に借入をしたいなら、限度額が十分ではなくても1社のみに止めておくべきです。

申込しすぎに注意!「申込ブラック」になってしまう恐れも

その他、カードローンの同時申込をすることによって「申込ブラック」になってしまう恐れも考えられます。

申込ブラックとは、様々な消費者金融にカードローンの申込をしているという履歴が残り、ある種のブラックリスト化されてしまう行為のことを指しています。

  • 同時申込をしている
  • 審査落ち後、すぐに申込をする
  • 何度も申込を繰り返している

同時申込をするだけではなく、カードローンの審査に落ちた後、すぐにまた申込をしたり、さらに何度もカードローンの申込を繰り返していたり、といった場合も申込ブラックに影響してしまいます。

審査に落ちたのはなぜ?

なかなかカードローン審査に通過できず、何度も申込をしたくなる気持ちも、同時に申込をして審査に通った方を選ぶ、という行動に出てしまうことも分かります。

けれども、なぜカードローン審査に落ちているのか?といったポイントにしっかり向き合わなければ、何度申込をしても結果は同じことなのです。

カードローンの同時申込をしていることが分かった時点で、どちらの審査にも落ちてしまうケースもあるものです。「確実にカードローンの契約をしたい!」という気持ちが強いなら、まずは1社の契約に絞ること。ここから始めていきましょう。

確実にカードローンで借りたいなら「欲張らないこと」が大切

「二兎追うものは一兎も得ず」ということわざがあるように、カードローンの同時申込をしてもどちらの審査にも落ちてしまう、つまり結局お金を借りることができない…という結果になることもあります。

カードローンでお金を借りたいなら、まずは「欲張らないこと」これに尽きるかと思います。本当に必要な金額だけを借りるために申込をすれば、必要な金額だけを借りられるようカードローンの契約をすることができます。

同時申込をするなど欲張った行動を取ると、結果的に失敗してしまい、自分のためにならないこともある…ということをよく覚えてきましょう。

閉じる
閉じる